テーマ:水揚げ倍増計画

【水揚げ倍増計画】 予約時のチャンス -船釣り編-

船釣り(エサ・ルアー共に)で、事前に仕込める情報を堂々と貰えるのは、船の予約をする時と出船確認の時の2回しか基本的にチャンスはないです。 最新の傾向や海の様子、オモリの重さや仕掛けなど失敗しないためのヒントやその時のマル秘アイテムについて知るチャンスは活用しないと損です。 ジギングだったら、狙う魚の種類、潮の速さ、持っていく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 釣りが見えてくるのに最低3年

1魚種に対して釣り方のアプローチは必ず数種類あります。 季節やパターンに応じて釣り人の好みで釣り方は選んでいけば良いのですが、近年自分の釣りとしては同じ釣り方で通年通しています。 これは一つの釣りを突き詰めて行かないと見えてこない部分が凄くあるからです・・・。 魚はどうしても1年中釣れることがほとんどなく、産卵や季節ごとにいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画 ジギング編】 ジギング釣行会での考察

先の御前崎のジギング釣行会はザックリと釣りのスタイルを区分するとハイピッチのみのアゲアゲスタイル2名、ハイピッチ主軸にスローの3名(自分含む)、スローメインに時々ハイピッチ3名で各々のスタイルでカンパチを狙いました。 ジギングでは良い釣りされてる人ばかりの中でどう戦略的に釣りをするか結構悩みました・・・。 自分はハイピッチ~スロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リカバリーフィッシング

釣りで「リベンジ」というキーワードが良く出てくるので自分はちょっと気になっています(^_^;) 不甲斐ない釣りや思うような釣果が出ない釣りをして、再挑戦して目的を達成した時に「リベンジ完了」となる訳です。 でも最初のダメ釣行も楽しめている訳で、悔しさはあるにしても恨みや遺恨は釣りにはないはずです・・・。 負の感情があったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 手が合う -ルアー編-

ルアーでの釣りは基本はルアーを動かして初めて魚が釣れます。 一生懸命釣りをしていると、同じ人が連チャンとか独り占めなんてシーン良く出くわすと思います・・・(^_^;) これは釣座(ポイント)やタナ(狙う場所)や飛距離といった要因もありますが、ルアーフィッシングの場合はルアーを動かす間合いが一番合っていることが多いように自分は考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温故知新

「Gijie新春号」は創世記~現代までのトラウトルアーのエポックメイキングが記されています。 1960~1980年代の淡水系のルアーフィシングのことも色々と紹介されており、ルアーフィッシング創世記の貴重な情報を得ることが出来ます。 自分がリアルタイムで見ているのはせいぜい30年程度なので、生まれる前の話など非常に興味深い話が続きます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 釣りの師匠

釣りをドップリ楽しんでいる人はだいたい「師匠」や「仲間」が存在するような気がします。 今回は「師匠」についてちょっと書き出してみます(^_^;) 自分も時系列にするとトラウトの師、磯釣りの師、ジギングの師、エギングの師、イカメタルの先生、レイクジギングの先生みたいな感じで釣りに関することを要所要所で色々と濃縮注入してもらっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 顔を覚えてもらう -船釣り編-

陸っぱりの釣りでもあるとは思いますが、船釣りは良いことが特に増えるので書き出してみます(^_^;) 船宿の船長さんや女将さんに顔を覚えてもらうと色々と良いことがあります! 釣れてる時にお誘いの電話がかかってきたり、予約時にタックル・仕掛けや釣り方などの的確なアドバイスがもらえたり・・・。 ではどうやって少ない回数で顔を覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 エギング編

前回のナイトエギングで、テンションフォールからのスライドのパターンがハマってすごく結果が出たのでちょこっと案内しておきます。 基本的に、キャストしてボトムを取りキッチリ足元までシャクるのですが、色々な落とし方を混ぜて単調な釣りにならないようにコンビネーションで誘います。 画像の青線はテンションフォールだけのイメージ、赤線がテンシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【釣りの豆知識】 アシストフックを毟る魚と道糸を切る魚

画像は錦江湾の巨大太刀魚ジギングでの1コマです(^_^;) 当日はサゴシとサバフグが少しいて、許せるレベルの悪さをしてくれました。 この画像の犯人はサゴシだと推測しております(-_-;) アシストフックのアシストラインは太刀魚釣る分にはPE20号で瞬殺はないのですが、サゴシにはあっさり毟られます(苦) 歯の鋭い魚でも歯の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どこまで出来るか!?

自分は遠征に行くときは、そこで釣りたい魚の最大サイズを意識して道具立てを準備します。 メインライン・リーダー・フック・スナップ類・ノット・ロッド・リール・・・隅々まで思いを巡らせチョイスして準備。 現場ではその瞬間があると信じて釣りをします(^_^;) 普段の釣りも安易に糸を細くしたり、ルアーなんかは極端に重くしたり軽くしたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目のない魚「ブラインドケーブ・カラシン」

先日、水族館で眺めきった魚がいたので話のタネに紹介しときます。 光のない洞窟の中で生活しているため、目が退化(進化?)してない魚です。 魚体のメラニン色素が失われ白い外見をしており、目の部分にはウロコがあるように見えました。 視覚の代わりに嗅覚や側線といった別の感覚器官が発達しており、周囲の様子を察知しながら泳ぐことができるそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 太刀魚ジギング 枝豆じぐ120/150g

最近絶好調の駿河湾奥の太刀魚ですが、ジギングでもっと釣果がでちゃう「枝豆じぐ」を改めて紹介しておきます!! もちろん既に実践で良い思いされてる方も多いとは思いますが、通常とは違ったアプローチが色々とできるので、まだ試したことのない方にぜひ読んでいただけたらと・・・(^^♪ もともと「枝豆じぐ」120g150gは特徴的なフォールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沼津のマルイカ釣りの考察

今冬の沼津のマルイカは例年とパターンが少し違い、マイクロサイズが多くなぜかイカメタルで釣果が伸びず、直結の仕掛けでの釣りは数が伸びる状況が続いています・・・。 自分はイカメタルの釣りが非常に好きで沼津のマルイカはメタルでしかやってこなかったのですが、いよいよ手詰まりで追い込まれてしまい、メタルにフィードバック出来る部分があるだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 鈎(ハリ)

釣りにおいてトップクラスの重要性がある鈎(ハリ)について色々と考えて頂きたいです☆彡 魚にダイレクトに接する部分なので、かなり細かくハリのメーカーさんは設定しています・・・。 一般的には針(ハリ)とされていますが、自分は鈎(カギ)のほうが馴染みがあり鈎という表記を使用しています。 ※イカのプラヅノは針で良いような気もします …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 極める

仕事でも遊びでも何事においてもそうだとは思いますが、人より多く釣りたいのなら「極める」というのが大事だと思います・・・。 それぞれのレベルに合わせて「極める」のランクを上げていき実行していけばエキスパートへの道の近道になると思います。 ●まずは極めたいと思える釣りを1つ見つける 色々な釣り方やアプローチの仕方がある訳ですが、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 秋のエギング編

台風10号の影響で湾奥でもエギングは厳しそうですが、秋のエギングをより楽しんでもらえるよう少し釣りについてご案内しときます☆彡 長年エギングを楽しませてもらっていますが、秋は特に「見て釣る」サイトフィッシングが一番楽しいと考えています。 サイトフィッシングでは、水深5m程度までがお勧めで、沖でも良く見える派手目 のカラーのエギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】レイクジギングのリリースについて

ハイシーズンを迎えている芦ノ湖で、今年はレイクジギングを楽しむ人の数が結構増えた様に感じます・・・。 人が増えれば色々と問題点が明るみに出てくるので、色々と聞こえてくる声には注意しています。 状況的には、夏は表層だけが高水温となり、水温躍層が形成され魚の居場所がまとまってきており良い感じで釣果が出ています。 この表層の高水温の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 リリースについて

自分たちの釣りを長く楽しむためにも、必要以上の魚はキープせず適切なリリースが必要です。 これはどの釣りでも言えることですが、リリースした魚が大きくなってまた釣れてくれるという側面もあるし、優秀なDNAが産卵して個体数を増やしてくれるという部分もあります。 魚種や釣り方なんかにより、生存率を高めるために色々と注意点やスピードを求め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 夏エギング

今春は新型コロナの影響で思うように釣りが出来なかったのが実情だったと思います。 7月は長い大雨で湿気続きとなっていますが、これから梅雨も明けて夏の釣りになっていきます(^_^;) 最近のエギングでの釣果はボチボチ届いており2kgアップも混じったりしているのでちょっと期待しています☆彡 6月は釣り場に沢山の釣り人がいましたが、7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】マルイカ・アカイカ編

昨年から「オモリグ」で釣果伸ばして助けられているので、再度ご紹介しときます☆彡 自分たちのエリアのマルイカ・アカイカは大きく分けて胴付きの直結・直ブラとイカメタルとオモリグの3種類の釣り方で狙えます。 船宿さんも各釣種に対応してくださり同じ船で楽しむことができ、釣り人の好みで釣り方はチョイスできます。 ※予約時に○○で狙いたいんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 縛り

前にも似たようなこと書いてるかもしれませんが、最近必要性が感じることが多かったのでご案内してみます! エキスパートな人たちの釣りは、自分のルールで釣りをするという「シバリ」を設定して釣りにいかれる方が多いと思います。 釣果至上主義ではなく、ルールを設けてどう釣ったかに重きをおいて楽しまれています(^_^;) 今日の釣行での縛り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】ルアーのカラーセレクト

この話はいつまでも結論が出ないのですが、自分が最近どういう基準でカラーセレクトしているかをご案内してみます。 【1】強いフラッシングがあるかないか ホロや塗装でルアーのフラッシング効果を上手く活用すると釣果に繋がる印象があります。 日中のルアーゲームはホロのフラッシングが効くカラーから釣り始め、ナイトゲームはパール系のカラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 大きいのはゆっくり!?

ルアー関係の色々な釣りを通して感じてることですが、大きい個体(魚)は動きが遅い傾向にあるように思います。 ※太刀魚は含まれないと感じてます 捕食しようとスイッチが入っても、小さい個体より小回りが効かないので動きが遅く感じるんだと推測するケースもあります。 小型のサイズは捕食してスグ安全な場所に戻らなければならないという事もあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 秋のエギング編

3連休の沼津エリアは、カゴ釣り・ショアジギング・エギングの釣り人で大賑わいで、釣り場の確保も難しい状況だったようです・・・。 店頭でも色々と相談を受けますので、伊豆・沼津エリアの秋のエギング攻略に繋がればとザックリですがご案内してみます☆彡 1.潮位 自分は釣りたい時が釣り時と考えています。 当然、ポイントによって満潮がベタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 見えたら釣れることも!?

エギングにチャレンジしてみるのに一番良い季節となっています!! この時期はコロッケサイズ~500g程度の新小のアオリイカが比較的簡単に釣れ、サイトでの釣果もでる非常に良い時期です(^^♪ 釣りに関する基本的な事が分かっている状態ならホント誰でも手軽に秋のエギングは楽しめます。 そんな中で、大事なのが「偏光グラス」な訳でして、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】釣りエサのひみつ -釣り人社-

個人的に気になって取り寄せた本ですが、読み切ってませんが、ちょっと面白い内容が多かったのでご案内です! 生物学的な話から、検証まで色々と釣り人としては為になることが書かれています。 それを言ったら身も蓋もないという印象を受けたり、少し粗い部分もありますが新鮮な切り口も・・・。 餌のことルアーのこと色々とジャンル別に分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 シンプル・イズ・ベスト

釣りというものを突き詰めていくといかにシンプルにしてくかが鍵になるとここ何年かは考えております。 エキスパートな名手の皆さんの釣りはシンプルな先にあるように感じています。 仕掛けなんか見せてもらうと本当にスッキリしていて、糸の巻き数・鈎のチモト部・結びコブなんかも機能美を感じて唸るほどです。 道具立てをシンプルにする・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然を通して釣りを楽しむ

今回の遠征で、釣りは自然を楽しむといった事の延長にあるというのを強く感じました・・・。 季節(水温)や光量、気圧、潮汐、風、月の大きさ、魚の行動パターン・習性・繁殖行動・寿命など全てが複雑に絡み合ってるとこで釣り人が楽しんでいます・・・・。 釣り人が出来ることはどう足掻いても全体の極一部しかコントロールできない訳です。 自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【水揚げ倍増計画】 温故知新

片付けをしていたら昔のエギングテキスト(付録冊子?)が出てきて・・・。 発行日の掲載がなかったので正確な時期は分からないので、まだPEラインを使っておらず、ジャークという言葉も出てこないので20~25年以上前のモノかと推測されます(^_^;) 表紙のエギを見ると現行の既存品には無い今でもドキドキするようなカラーのエギも見られ、ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more