【水揚げ倍増計画】 夏エギング

今春は新型コロナの影響で思うように釣りが出来なかったのが実情だったと思います。
7月は長い大雨で湿気続きとなっていますが、これから梅雨も明けて夏の釣りになっていきます(^_^;)
最近のエギングでの釣果はボチボチ届いており2kgアップも混じったりしているのでちょっと期待しています☆彡
IMG_0116(1).jpg
6月は釣り場に沢山の釣り人がいましたが、7月にはいると競争率がグッと下がります。
毎年自分はしつこく夏のエギングを楽しんでいますが、釣果の鍵となる傾向が多少あるので、参考になればと書き出してみます・・・。

【朝マヅメ】
気温が上がり日中はかなり人間にとってもタフなコンディションになります。
まだ涼しい時間帯(日の出~8時位)が効率よく釣りを楽しめています。
日中はシャローの表面海水温も上昇してくるので良いことないと推測しています。

【藻場絡みのシャロー】
比較的、藻場絡みの釣果がシーズン後半同様に圧倒的に実績が高いです。
産卵を意識している個体はほぼ見ないのですが、藻場が良いですね(^_^;)
青物の回遊があったりというのも関係しているかも知れません

【潮通しの良い場所】
潮の流れのない釣り場より潮通しの良い場所付近の弛みが◎です。
潮が淀んでいると水温上昇による濁りが気になったりベイトが少ないことが多いです。
アマモが生えているポイントなどは潮通しの良い目安として考えてOKです。

【早い勝負】
やはり競争率は下がりますが、どうしても個体数は少ないので早めの見切りからのポイント移動が重要になります。
ストック量が少ないので回遊を待つより足で稼いだほうが効率が良いです

【海の日】
今年は7/23が海の日となっています。
海の日を境に南伊豆なんかは駐車場が有料化となる場所が結構あります。
値段もワンコインではないので結構しますのでランガンがしにくくはなります。


ザックリとキーワード上げてみましたが、日焼け・熱中症対策をバッチリして夏のエギングをぜひ楽しんで下さい!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス