「夏エギング」のススメ☆彡

6月で一区切りのアオリイカですが、気合が入ってる方たちはまだまだ楽しんでいます☆彡
ピーク時に比べたら大きさは小振りになり1kg程度がキャッチできたら上等といった感じです(^^ゞ
例年、夏エギングの実績のパターンやコツを簡単にご案内してみます!
IMG_0704.jpg
【1】潮通しの良いポイント
湾奥でも釣れなくもないですが、圧倒的に潮通しの良いシャロー~ミドルのポイントでの実績があります
水が死んでるような所より明らかに期待ができると思います。

【2】朝マヅメを釣る
シャローを釣る事が多いのも関係しているとは思いますが、気温・水温が上る前が効率良いです。
日中は暑くて人間もまいってしまうので、朝マズメを効率良く釣るのが一番です(^_^)

【3】アマモ場が絡むポイント
夏場はホンダワラなどが切れたり枯れたりするのですが、アマモは安定して生えています。
アマモは砂地の潮通しの良い場所で生育しているので・・・。もちろんアマモに産卵をしてるケースもあります。

【4】駐車料金
夏の伊豆は、海水浴の人も多く港の駐車スペースが有料化するケースが多いです。
実績のポイントは駐車料金を払ってでも釣りをしたほうが良いので、覚悟を決めて駐車しましょう(^^ゞ
※中木のヒリゾ浜絡みは身動き取れなくなりそうなので回避しています。

【5】他の釣りの準備も
自分は20g程度のジグを持参してきます。
青物の回遊があったり、根魚釣りが楽しめるので保険で一応持ってます。
エギングタックルで穫れる魚のサイズは決まってきてしまいますが・・・。


自分が気にしているのはこの程度ですが、意外と競争率がガクンと落ちて良い釣りさせてもらえることがあるので、ぜひトライしてみて下さい(^^ゞ
子供さん連れての海水浴前にちょこっとエギング楽しむなんてのもアリだと思います☆彡

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0