【水揚げ倍増計画】 偏光グラス

紫外線や釣り針なんかから目を守ってくれ、水中の様子も非常に見やすくなります。
裸眼と比べたら大幅に海中の様子も分かり、エギングなんかは人より見えたら、人より釣れる感じもあります(^_^;)
今さら感もありますが、これからのシーズンに活躍してくれる偏光グラスの選び方を簡単にご案内しときます!!
画像

偏光眼鏡の仕組みとしては、レンズに格子状のフィルムが挟まれており、そこを光をが通ってくるので波長が整えられ、眩しくなくなったり水中が良く見えたります。

レンズのカラーは、最善を求めるなら光量によって使い分けの必要性が出てきますが、最初の1本でしたら、目の好みでブラウンかグレー系のカラーをお勧めします。

曇天・雨に調子が良かったり、ウキなどの赤色を強調したり、シモリやウィードのエッジのコントラストがよりハッキリしたり、夜用のレンズもあったりします。

▼レンズカラー
https://talex.co.jp/product/lineup/

偏光レンズのトップを走っているのは間違いなく「TALEX」ですが、各社色々とレンズ作ってますので予算に応じて決めて頂くこともできますが、品質お墨付きともいえるクラスの1本をぜひ使ってみて頂きたいです。
釣り業界の中では、ZEAL OPTICSやサイトマスターが有名です!

大体予算的には2~3万円となりますが、フレームがチタン合金とかのモデルは4万円クラスまであります(^_^;)

▼フレーム
フレームは金属や樹脂など色々ありますが、好みで選んで頂いてOKです。
ただフレームの形状でレンズのカーブが決まります。スタンダードな形状はだいたい4カーブ、アールのきついゴーグル形状のフレームは8カーブみたいな感じです。
4カーブ~8カーブは良く聞きますが、自分の目には8カーブは遠近感が狂い、消波ブロックなんかが怖いので最近は避けています。
目のクセとでもいうのか、平気な人とそうでない人がいるので、実際にかけてみて検証するのが間違いが少ないと思います。

▼レンズの劣化
偏光グラスも万能ではなく少しづつですが劣化をします。
熱による膨張と収縮であったり、キズや水分、フレームの歪みからくるレンズの歪み・・・。
原因は色々ありますが、青抜けや揺れなどが気になる状況でしたらレンズの交換するのが無難です。

TAREXレンズの偏光グラスも10本以上所有してきましたが、最近新調したのは「伊藤光学の偏光レンズ」をチョイスしました。
見え方はタレックスには劣りますが、なんせ「熱の耐性」が強いのが一番の魅力です。
夏場に車に放置しても全然へっちゃらなので、車に1本常駐してもらってます。
※過去に3本ほど車に放置して偏光を駄目にしてます(苦)

ほぼ毎日眼鏡をかけているので、どうしても興味も持って接するので、色々と知識も蓄えられています。
ご相談いただければ、ある程度のチョイスをキッチリさせて頂き提案できると思いますので、興味のある方はぜひ店で声をかけて下さい(^^ゞ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント